男女

身長伸ばすために実行すべきことをご紹介|食生活の改善が重要

目の疲れが進んだ状態

目の疲れ

目の疲れの影響と解決

眼精疲労とは目がひどく疲れた状態のことです。疲れ目や眼疲労というのは、休めば治る目の疲れのことですが、眼精疲労はまぶしさを感じたり、ピントが合わなくなるなど、休んでも回復しづらい状態まで進んだ症状のことを言います。眼精疲労がひどくなると体の他の部分にも悪影響を与えます。頭痛や肩こり、酷くなると吐き気や嘔吐まで引き起こすと言われています。近視や乱視の人も眼精疲労になりやすい傾向にあります。眼精疲労を改善するには、アントシアニンなどの目にいいサプリメントがあります。目を酷使することで生成が追いつかなくなるロドプシンの生成を助けます。しかしまずは、眼科や内科を受診するなど、医療のケアを受けることも忘れてはいけません。

目に与える環境の変化

現在の社会では、眼精疲労の主な原因となるテレビ、パソコン、スマートフォンの平均利用時間がどんどん増えています。多くの人が仕事だけでなく、プライベートでもこれらの機器の使用時間は増え、寝る直前まで画面を見ていると、眼精疲労の度合いも酷くなることが予測されます。睡眠不足により疲労の蓄積が、より全身の疲れを加速させることになります。特に最近はLEDバックライトの画面の機器が増え、LEDが発するブルーライトが更に目に悪い影響を与えていることが指摘されています。これから目にやさしい画面の機器が増えることも予測されますが、やはり眼精疲労はなくならないと思われ、対策になる治療や薬、サプリメントの需要が伸びることが推測できます。